{{detail.stockInfo.categoryName}}{{detail.stockInfo.stockName}}({{detail.stockInfo.stockCode}})

{{detail.stockInfo.notice}}

対象指標:{{detail.stockInfo.targetIndex}}

  • {{detail.setBadgeSentence(key)}}
  • {{detail.setBadgeSentence(detail.constants.MARKET_MAKE)}}

{{detail.setFavoriteSentence()}}

お気に入り登録数 {{detail.stockInfo.favoriteCount}}件

終値({{detail.stockInfo.priceDate}})
{{detail.stockInfo.price | number}}
-
売買単位
{{detail.stockInfo.unit | number}}
最低買付金額({{detail.stockInfo.priceDate}})
{{detail.stockInfo.minInvest | number}}
-
基準価額 (注{{detail.notes.nav.number}})
({{detail.stockInfo.nriDate}})
Indicative NAV
({{detail.stockInfo.iNavDate}})
未取得
{{detail.stockInfo.nav}}
-
乖離率
(注{{detail.notes.deviation.number}})
-
{{detail.stockInfo.deviation}}
売買代金({{detail.stockInfo.tvDate}})
{{detail.stockInfo.tradingValue | digitFilter : 10000 : 0}}万円
-
平均売買代金
(直近90日)
{{detail.stockInfo.quarterTradingValue | digitFilter : 10000 : 0}}万円
-
売買高({{detail.stockInfo.priceDate}})
{{detail.stockInfo.volume | number}}
-
平均売買高
(直近90日)
{{detail.stockInfo.quarterTradingVolume | number:0}}
-
スプレッド
({{detail.stockInfo.spreadDate}})(注{{detail.notes.spread.number}})
{{detail.util.decimalRound(detail.stockInfo.spread / detail.constants.SPREAD_VIEW_UNIT, detail.constants.SPREAD_VIEW_DIGIT)}}
-
最良気配額
({{detail.stockInfo.depthDate}})(注{{detail.notes.depth.number}})
{{detail.stockInfo.depth | digitFilter : detail.constants.DEPTH_VIEW_UNIT : detail.constants.DEPTH_VIEW_DIGIT}}万円
-
分配金 (注{{detail.notes.dividend.number}})
{{detail.stockInfo.dividend | number}}
/{{detail.stockInfo.dividendDate}}
-
原則なし
分配金利回り
{{detail.stockInfo.dividendYield | number:2}}%
-
純資産総額({{detail.stockInfo.netAssetsDate}})
残存償還価額
総額({{detail.stockInfo.netAssetsDate}})
{{detail.stockInfo.netAssets * detail.constants.NETASSETS_UNIT | digitFilter : detail.constants.NETASSETS_VIEW_UNIT : 1}}億円
-
受益権口数({{detail.stockInfo.sharesDate}})
{{detail.stockInfo.rightUnit | number}}
-
管理会社
発行会社
{{detail.stockInfo.managementCompany.name}}
マーケット
メイク
あり
なし

費用

直接的に負担する費用

売買時手数料
証券会社によって異なります

間接的に負担する費用

信託報酬
(税込)
{{detail.stockInfo.managementFee}}%
管理費用
(注{{detail.notes.managementFee.number}})
{{detail.stockInfo.managementFee}}%

(注{{detail.notes.nav.number}}){{detail.notes.nav.sentence}}

(注{{detail.notes.deviation.number}}){{detail.notes.deviation.sentence}}

(注{{detail.notes.spread.number}}){{detail.notes.spread.sentence}}

(注{{detail.notes.depth.number}}){{detail.notes.depth.sentence}}

(注{{detail.notes.dividend.number}}){{detail.notes.dividend.sentence}}

(注{{detail.notes.managementFee.number}}){{detail.notes.managementFee.sentence}}

ファンドの特色

{{detail.stockInfo.feature}}

対象指標の概要

{{detail.stockInfo.underlierOutline}}

ファンド組入銘柄

({{detail.stockInfo.pcfDataDate}}現在)
証券コード 銘柄名 構成比
{{stock.rank}} {{stock.code || "-"}} {{stock.name}} {{stock.weight.toFixed(2)}}% -

・{{disc}}

  • リスクリターン
  • 乖離率

リスク情報

外国籍

・外国籍のETFは、取引にあたり外国証券取引口座の開設が必要になります。これらの課税上の取扱いについては、管理会社および税務署・税理士等の専門家までお問い合わせください。

OTCスワップ型

・OTCスワップ型ETFは、ETF発行者と主に金融機関との間で、連動対象の指標のリターンを交換するトータルリターンスワップ契約を結ぶことで、ETFの一口あたり純資産額の変動率と対象指標の変動率を一致させる運用手法を採ります。

・OTCスワップ型ETFでは、スワップ契約締結にあたり契約担保を双方が出し合う内容となっており、万が一スワップ契約の相手方が破綻しても担保を換金することで損失が生じない仕組みとなっています。

・ただし、スワップ契約の相手方の破綻により連動対象指標のリターンの交換が停止されることから、ETFの基準価額が下落することもありえます。

・スワップ契約の相手方が提供する担保の種類によっては、担保と同額の換価を得られない場合もあり、結果としてETFの価値が下落または無価値となる可能性があります。

リンク債型

・リンク債型ETFは、主に金融機関が発行する指標に連動した投資成果を目的とする債券(リンク債)に投資することで、ETFの一口あたりの純資産額の変動率と対象指標の変動率を一致させる運用手法を採ります。

・リンク債型ETFは、リンク債の発行者の倒産や財務状況の悪化等の影響により、リンク債の価値が下落または無価値となり、結果的にETFの基準価額が下落することがあります。

ETN

・ETN (Exchange Traded Note)は「指標連動証券」と呼ばれ、JDR形式で上場している金融商品です。

・ETNはETFと異なり、裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景として発行されるため、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落または無価値となる可能性があります。

レバレッジ型

・レバレッジ型指標は、変動率が原指標の日々の変動率の2倍となるように算出されています。

・前営業日と比較した変動率は原指標の2倍となりますが、2営業日以上離れた期間では必ずしも変動率が2倍となる訳ではありません。

・特に原指標が上昇・下落を相互に繰り返す場合、複利効果によりレバレッジ型指標が逓減していくという特性があります。

・中長期にわたって投資をする場合、原指標の変動率とレバレッジ型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性がありますのでご留意ください。

インバース型

・インバース型指標は、変動率が原指標の日々の変動率の-1倍(または-2倍)となるように算出されています。

・前営業日と比較した変動率は原指標の-1倍(または-2倍)となりますが、2営業日以上離れた期間では必ずしも変動率が-1倍(または2倍)となる訳ではありません。

・特に原指標が上昇・下落を相互に繰り返す場合、複利効果によりインバース型指標が逓減していくという特性があります。

・中長期にわたって投資をする場合、原指標の変動率とインバース型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性がありますのでご留意ください。

先物型

・先物型ETFは、先物取引の価格を用いる指標に連動するETFまたは主に先物取引に投資を行うETFです。

・先物型ETFが投資をする先物について、決済期日が長い限月の先物が短い限月の先物よりも価格が高い状態(コンタンゴ)の場合、先物取引の次限月以降の限月への乗換え(ロールオーバー)を繰り返すことで、当該ETFが継続的に減価していくことがあります。

・そのため、コンタンゴかつロールオーバーを繰り返すタイプの先物型ETFで中長期の投資を行う場合には留意が必要です。

・とりわけ、商品先物取引やボラティリティ指数先物取引等はコンタンゴとなることが多い傾向にあります。

マネ部関連記事

決算適時開示情報(最新5件)

もっと見る

この商品カテゴリーの他の銘柄

商品カテゴリー 銘柄名
{{otherSec.category}} {{otherSec.stockName}}({{otherSec.stockCode}})

{{detail.showMoreOtherSecSentence()}}